コドミンの成分を見たら、安心&納得!気になるなら要チェック!

ADHD(注意欠如多動性障害)は、子どもから大人まで悩まされている方が多い障害の一つです。
子どもの頃に親が気付いてあげることが、とても大切だとされています。
落ち着きが無かったり、集中力が無かったり、忘れ物が多かったり、これらは子どもによく見られる行動なのですが、今ではADHDを疑うべき行動の中に含まれています。

ADHD向けサプリメントはいくつかありますが、中でも人気があるのが、コドミンといサプリメントです。
子どもに飲ませるものなので、その成分は気になるところではないでしょうか。
「もしかして、副作用はない?」とも気になりますよね。

コドミンの成分について調べましたので、ご紹介させていただきます。

コドミンの成分をチェック!安心して納得できる理由。

コドミンに含まれている成分の中の主要成分でもあり、注目されているのが、「ホスファチジルセリン」です。

あまり耳慣れない成分かもしれませんが、このホスファチジルセリン(PS)は、私たちの身近な食材「大豆」に含まれている成分です。

ただ、含まれているといっても、大豆の中には0.003%しか含まれていないので、大豆から必要量を摂取するのは難しいです。
コドミンには、1粒当たり100mgのホスファチジルセリンを配合しています。
同じ量を大豆から摂るとなると、3.3kg分の大豆を食べなければいけません。子どもにこれだけの大豆を食べさせるのは少し難しいですよね。

この成分には、子どもの落ち着きや集中、記憶などをサポートしてくれる効果があります。
ただし、大豆アレルギーをお持ちの子どもは飲ませないでください。また、1日の摂取目安量は300mgまでになっているので、過剰摂取も良くありません。
たくさん摂取したからといって、効果がすぐにあらわれるというわけではありませんので、注意してください。

また、体質によっては合わない子どももいらっしゃいます。サプリメントを飲んだ後に、何らかの体の異常が認められた時は、すぐに服用をやめて、様子を見てあげてください。飲むのをやめても改善がみられないなら、早めに病院を受診するようにしましょう。

コドミンは、1日1~2粒を目安として飲ませてあげて下さい。
ただ、最初の1ヶ月程度は、1日3粒までなら大丈夫のようです。
サプリメントですので、副作用の心配も極めて低いのですが、気になる方は、1日1粒から始めてあげるのがいいと思います。

子どもの行動で気になる点がみられたり、ADHDでお悩みの方は、コドミンをお試しになってみませんか?
公式サイトからでしたら、返金保証がついている定期配送コースで、初回980円で購入することができるのでおすすめです。

コメントは受け付けていません。