コドミンの効果がでるのはいつ?どのくらいの期間かかる?

子どもの将来に不安や心配はありませんか?
今、子どもの成長や発達を見守るママやパパの間で、「落ち着きがない」「他の子どもと同じようにできない」「何度注意しても同じことをする」「忘れ物が多い」などでお悩みの方が増えています。

とくにママはこういった子どもの行動を、年配の方から注意を受けたり、ママの育て方が悪いなどと責められることもあり、苦しんでいる方も少なくありません。

でも、それはママやパパのせいではありません。
まだまだ発達している途中の段階です。情報を伝える力が他の子どもと比較すると、少し弱いのかもしれません。その為、なかなかうまく自分自身をコントロールできなくなってしまっていると考えられます。

そういった子どもの行動を改善する効果があるとして注目を集めているのが、コドミンというサプリメントです。口コミでも話題になっているので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

でも、サプリメントは効果が現れるまでに時間がかかるものです。コドミンもサプリメントですので、飲み始めてからどれくらいで効果がでるものなのか、どれくらいの期間飲めばいいのでしょうか?調べてみましたので、ご紹介させていただきます。

コドミンは、どのくらい期間飲ませればいいの?

まず、コドミンの飲み方ですが、毎日1~2粒が摂取目安量になっています。一度にたくさん飲んだからといって、効果が早くでるというわけではありません。1日の摂取目安量を飲ませてあげるようにしてください。

ただ、最初の1ヶ月に関しては、3粒ぐらいまでなら大丈夫のようです。とにかく、毎日続けて飲むこと、習慣づけることが大切です。

最低でも3ヶ月はまじめに食べさせて様子を見ましょう!

3ヶ月という期間が、だいたいの目安となります。

次に、1日の中でいつ飲むのが効果的なのでしょうか?
コドミンの主要成分である「ホスファチジルセリン(PS)」という成分は、脂溶性です。食後、特に、油を使った料理を食べた後が効果的です。

飲む期間についてですが、最低でも3ヶ月は毎日続けて飲ませるようにしてください。効果が現れる期間には個人差があります。最初の1ヶ月でなんとなく子どもに変化がみられたという声もあります。一番大切なのは、毎日続けて飲み続けるということです。
子どもが嫌がらずに、おやつ感覚で継続して飲めるよう、美味しいラムネ味になっています。食後のデザート感覚で飲ませてあげるのがおすすめです。

コドミンは子どもが安心して飲めるサプリメントです。主要成分のホスファチジルセリン(PS)は、適量を摂取している範囲では、副作用の可能性は極めて少ない成分です。
子どもの行動できになる部分があるなら、まずはコドミンをお試しになってみて下さい。

コメントは受け付けていません。