ADHD(注意欠如多動性障害)の3つの特徴とは?あてはまる症状ありますか?

ADHD(注意欠如多動性障害)と言う言葉を耳にしたことはないでしょうか。

近年注目されている傷害で、今まで問題のある子供だと言われていた子達の中には、この障害を抱えている場合があることが判ってきました。
では、ADHD(注意欠如多動性障害)とはどのような障害なのでしょうか。

ADHD(注意欠如多動性障害)は、不注意・多動性・衝動性の3つの症状が現れる障害です。

この3つの症状が出てしまうことで、学校や社会での行動が問題行動であると見られてしまうことが多くあります。

近年では、不注意・多動性・衝動性のある子供を「問題のある子供」として扱うのではなく、ADHD(注意欠如多動性障害)ではないのかを確認する流れになっています。
ADHD(注意欠如多動性障害)と診断されたなら、現れる症状に対処する方法を本人や周りの人々が学び対処することが出来ます。

では、ADHD(注意欠如多動性障害)の3つの症状は具体的にどの様な特徴があるのかを見てみましょう。

 

不注意

まず、不注意です。
物忘れが多かったり、集中力が続かなかったりする特徴があります。
整理整頓が苦手であったり、細かい作業を行う際に小さなミスを続けたりします。
人の話を聞いていない様に見えるのも特徴です。

 

多動性

次は、多動性です。
じっとしている事が苦手で、どうしても身体を動かしてしまいます。
また、過度なおしゃべりになる傾向にあります。
公共の場などで静かにする事が出来ず、落ち着きの無い子と思われてしまいます。

 

衝動性

最後は、衝動性です。
自分の欲求を満たす為に、衝動的な行動を取ってしまいます。
順序を待てなかったり、会話を遮ってしゃべり出したりします。
自分の気に触る事があった時に乱暴な行動を取ってしまう事があります。

 

ADHD(注意欠如多動性障害)の症状は3つですが、人ぞれぞれ現れ方が異なります。
また、性別によっても現れ方が異なります。

たとえば、多動性と衝動性が優勢のタイプは、男の子に現れる事が多いタイプです。

授業中、じっとする事ができず歩き回ったり身体を動かしたりします。
衝動を抑える事が苦手なので、ちょっとした事で大声を上げたり乱暴になったりします。

不注意優勢のタイプは、女の子に多いタイプです。
自分のやりたいことに対してはとても集中することができるのですが、そうでもない場合は集中することが出来ず気が散りやすい特徴があります。
忘れ物をしたり物をなくすことが多く、ぼんやりしていて人の話を聞いていないと見られることが多いです。

多動衝動タイプと不注意タイプの混合タイプは、ADHD(注意欠如多動性障害)の8割に当てはまるタイプになります。
早期発見がしやすい反面、アスペルガー障害との区別が付けづらいと言われています。

自己判断での診断はできませんので、気になるのであれば一度専門の病院へ受診されるのが確実です。

コメントは受け付けていません。