ADHD(注意欠如多動性障害)の多動性について。ずっと喋り続けていない?

ADHD(注意欠如多動性障害)は近年とても注目されている傷害の一つです。

多くの「問題行動を起こす子供」が、実はADHD(注意欠如多動性障害)なのではないかと言われています。
よく耳にする様になってきたADHD(注意欠如多動性障害)ですが、ちゃんと理解している人が少ないのが現状です。

ADHD(注意欠如多動性障害)を持つ子供ほど周囲の理解を必要としているのですが、理解が進んでいない事は問題とも言えますね。
ADHD(注意欠如多動性障害)に詳しく見てみましょう。

ADHD(注意欠如多動性障害)は主に不注意、多動性、衝動性の3つの症状が見られる障害です。
家庭や学校など複数の場所で症状が強く見られる場合は、ADHD(注意欠如多動性障害)の場合があるのでお医者様の診断を受けると良いでしょう。

今回は、3つの症状のうちの一つ、多動性について詳しく見てみます。

ADHD(注意欠如多動性障害)の多動性の症状とは?

多動性の症状は、体が良く動く、口がよく動くことです。

活発なのではなく、動きを抑えることが出来ない、コントロールすることが出来ない症状です。
そのため、じっとしていることが出来なかったり、しゃべり出すと止まらなかったり、ずっとモジモジ身体を動かしていたりします。

多動性の子供は、授業中に問題行動を起こしやすいと言われています。

たとえば、自分の席にじっとしていることが出来ず歩き回ってしまう。
他の子供に絶えず話しかけてしまうなどです。

他にも、席に座っていることはできるけれども、ずっとソワソワ身体を動かしてしまう。
脚をジタバタしてしまったり、絶えず物を弄繰り回してしまったりします。

多動性の子供の場合は、授業間のお休み時間にも他の子供とは異なる行動を起こすことがあります。

多動性の子供は、「適度に遊ぶ」ことが苦手です。
激しく走り回ったりよじ登ったり、時間や場所のことを忘れて遊んでしまいます。

そして、黙っていることが苦手な子が多いと言われています。

話し出したら止まらないので、会話になっていなかったりします。
一方的に話初め、話の内容は次々と変わっていきます。

これらの症状は、本人の意思とは関係なく起こってしまいます。
自分でコントロールをすることが出来ないため、周囲の理解がない場合は「問題のある子供」として対処されてしまうこともあります。

教師との関係や友人関係でもトラブルになりがちなので、本人も辛い思いをすることがあるでしょう。

早めに対処を始め周囲への説明を行い理解してもらうことで、子供本人も周囲もストレスのない生活を送る努力を行うことが出来ます。

コメントは受け付けていません。