ADHD(注意欠如多動性障害)の不注意の症状!授業に集中できていますか?

ADHD(注意欠如多動性障害)と言う言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

近年、子供の問題行動の原因としてADHD(注意欠如多動性障害)が関係している場合があることがわかってきました。
原因が判れば対処することが出来るので、問題行動に悩む保護者から注目されています。

ADHD(注意欠如多動性障害)は、不注意・多動性・衝動性の3つの症状を持つ障害です。
ADHD(注意欠如多動性障害)の子供は、物忘れが多かったり、人の話を聞いていない風に見られたり、順番を守る事が出来なかったり、癇癪を起こしたりと、子供の問題行動と言われる行動を取ることが判っています。
これらの行動を取ることから、公共の場で大人しくしていられなかったり、学校などの社会生活を送るにあたり困難することが多くなります。

ADHD(注意欠如多動性障害)である事を、自身と周囲が自覚・認識することで、対処方法を学び生活する上での困難を解消することができると言われています。

では、ADHD(注意欠如多動性障害)の主症状のうち不注意について詳しく見てみましょう。

ADHD(注意欠如多動性障害)の不注意の症状とは?

ADHD(注意欠如多動性障害)の不注意の特徴は、集中することが難しいことと忘れっぽいことです。

集中しなければならないと判っていても、どうしても集中が切れてしまい他のことに気を取られてしまいがちです。
よく見られる減少では、授業に集中できない、宿題をやりたがらない、宿題が出ていること自体を忘れる等があります。

特に、漢字の書き取りの様な毎日コツコツ繰り返す動作が苦手で、最後までやり遂げないことが多いと言われています。
こういった事が続くと、自然と学力にも影響が現れてしまいますね。

ADHD(注意欠如多動性障害)の不注意は、勉強だけではなく遊びの時にも影響が出ます。

遊んでいる時に友達同士の順番を守れない、集中が途切れ遊びを途中で止めてしまう、遊ぶ約束を忘れてしまう、集中しすぎて話しかけても無視してしまう等の行動が見られます。

このような行動が続くと、友達との関係に良くない影響が出てしまいます。

ADHD(注意欠如多動性障害)であると言う診断は、難しい部分があります。

上記の様な症状が、家庭や学校など複数の場所で多く見られる場合は、一度医療機関を受診することをおすすめします。
もしくは、校医や養護教諭、スクールカウンセラーに相談すると良いですよ。

ADHD(注意欠如多動性障害)と判れば、その対処方法や周囲への理解を促す方法など、生活を円滑に行う方法を教えて貰うことが出来ます。

放っておいてしまうと、自分がダメな子だ出来ない子だと劣等感を抱いてしまうこともあります。
早めにケアしてあげることが、子どもにとっても、生活しやすくなります。

コメントは受け付けていません。