「落ち着きがない。」
「友だちと一緒に遊べない。」

そんな悩みを持つママたちから選ばれているコドミン。

残念ながら、楽天では購入することはできません。

そもそも、販売すらされていません。

コドミンの唯一の販売店は、公式サイトだけとなっています。

 

コドミンの販売店は一つだけ!公式サイトはこちらから
↓ ↓ ↓
https://mpj.jp/

 

コドミンは楽天で、本当に購入できないの?

楽天といえば、「何でも買える!」というイメージです。それだけでなく「定価よりも安い。」というイメージをもっている人も多いのではないでしょうか。

でも、残念ながら楽天ではコドミンは販売されていません。

こちらの画像を見てください。

検索結果に出てくるのは、全く違う商品です。
サプリメントどころか、全く違うジャンルの商品が検索結果に出てきています。

本当に楽天では、売られていないんですね。

では、他のネット通販ではどうでしょうか?

 

Amazon(アマゾン)でも調べてみました。

結果はこちら。

 

今度は、ちゃんとサプリが検索結果に出てきました。

でも、よくよく商品を見てください。

コドミンではなく、違う商品です。いわゆる類似品ですね。コドミンとは違う商品ですから間違って購入しないように注意しましょう。

コドミンは、楽天でもAmazon(アマゾン)でも販売されていませんでした。

大手通販会社でもある楽天でも、Amazonでも販売店はありません。

楽天でも売られていないなんて驚きでした。

それなのに、ここまで話題になっているのもスゴイですよね。

でも、それならコドミンの販売店はどこにあるのでしょうか?

気になりますよね。私も初めてコドミンを買うときは、かなり探し回ったんです。
結構、調べたりもしましたら、その結果をご紹介しますね。

コドミンの販売店は結局、どこにあるの?

コドミンは、落ち着きがない子、多動児の子、ADHDの子などが摂取するサプリメントです。
サプリメントですから、ドラッグストアに売っていそうですよね。

私も、始めはコドミンをドラッグストアに買いに行きました。
マツキヨ、ツルハ、コクミン、ダイコクなどなど。行ける範囲のドラッグストアなどの薬局には探しに行きました。

でも、どこのドラッグストアにもコドミンは売っていなかったんです。

「薬局にないってどういこと?」
と思いました。

コドミンどころか、ADHD向けのサプリ自体がありませんでした。

まだまだ、ADHDのサプリはメジャーにはなっていないのかもしれませんね。

ドラッグストアになかったので、一応ドンキやイオンなどの大型スーパーにも行ってみました。
サプリがありそうな販売店があると、入店して
「コドミンはないかな?」
と見て回ったものです。

でも、どこの販売店でもコドミンが見つかることはありませんでした。

「どこにも売っていないなら、どこで買うの?」
と思って調べてみると、コドミンは実店舗での販売がないということがわかりました。

そうなんです。コドミンは通販限定の商品だったんです。

通販限定ですから、ドラッグストアなどの薬局では買えるはずがありません。

私が、あちこちの店鋪に探しに行ったのは、全くの無駄足だったんです。
あなたも、私みたいにドラッグストアに探しに行ったりしないでくださいね。

コドミンは通販限定と言いましたが、楽天やAmazon(アマゾン)では売っていませんでした。

通販限定といいながら、楽天にもないとなると、どこで買えるのでしょうか。

実は、コドミンを買うことができるのは、たったの1店鋪しかなかったんです。

コドミンの唯一の販売店、それは公式サイトからの通販だったんです。

あなたもコドミンを購入するには、公式サイトしかないということを覚えておいてくださいね。
コドミンの購入は公式サイトのみでした。詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://mpj.jp/

コドミンの値段は?公式サイトで、損しないで買う方法!

コドミンは公式サイトからしか買えません。ですが、お得な買い方がないわけじゃないんです。

コドミンの定価は、8,980円です。1袋で約1ヶ月分。
正直、お安い値段とは言えません。

お得な買い方としては、トクトクコースがあります。いわゆる定期購入のことです。

トクトクコースでは、8,980円のところ、初回価格が980円にまで値引きされます。

1回目の購入金額は、定価よりも89%OFFの980円です。

2回目以降は、5,980円になります。それでも、3000円OFFですから、かなりお得ですよね。

そして、5回目以降は5,000円OFFの3,980円になります。
つまり、トクトクコースを続けている方がお得ということになります。

送料無料ですから、商品代金以外にお金はかかりません。
決済手数料も無料なんですよ。

ただし、お得すぎるコースですから条件もあります。
3回以上の継続です。

コドミンのトクトクコースに申し込むと、最低4回は継続して購入しなくてはいけません。
3回以上の継続ですから、4回となります。

「3回以上の継続・・・。」
となると不安になりますよね。

一番の心配は、子どもが食べてくれるかどうかです。

コドミンは、子どもでも食べやすいタブレットタイプ。味もラムネ味でおやつ感覚で食べることができます。
サプリメントとはいえ、薬のように飲まなくても大丈夫です、
ポリポリ食べられるんですよ。

ハードルは下がっているとはいえ、結局は子どもが食べてくれるかどうかが重要です。

「3回以上も継続して、万が一食べてくれなかったら・・・。」

そう考えると、初めてコドミンを購入するときは定期購入からの申し込みはしたくありません。

でも、大丈夫です!

なぜなら、コドミンのトクトクコースには60日間返金保証がついているからです。

初回購入から、60日以内なら初回代金分を返金してもらえます。

詳細については【コドミンの安心の返金保証!その条件とは??】のページを見てくだい。
返金保証について、詳しく紹介しています。

60日間もありますから、子どもが食べてくれるかどうかの判断は十分にできますよね。

コドミンは、薬ではありません。食べたからといって、すぐに効果がでるわけでもありません。
大事なことは、継続して摂取することです。

子どもにとって大事なのは味、食べやすさです。
大人なら、嫌いなものでもガマンして摂取することはできます。

でも、子どもにはなかなか難しいですよね。

「ダメなときは、絶対にダメ。どうても食べてくれない。」
そんな経験ありますよね。

だからこそ、返金保証があるから安心です。

ちなみに、トクトクコースは公式サイトからしか申し込めません。
楽天などで、今後コドミンが売り出されても正規店の出店がありません。
ですから、楽天では申し込めないので注意してくださいね。

 

返金保証があるから安心。コドミンのトクトクコースの詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://mpj.jp/

コドミンを実際に購入!どんな感じ?本当に食べてくれる?

私もコドミンが気になっていたので購入してみました。

誰もが気になるコドミンはこちら

一緒に送られてきた同封物はこちら

 

コドミンの説明であるガイドブック。
ガイドブックの中には、口コミも載っています。

実際にコドミンを飲ませているママの声や体験談が紹介されていて、とても勇気付けられました。

「悩んでいるのは、私だけじゃないんだ。」
と思うことができて、共感できました。

トクトクコースについての説明。

特典の紹介や、返金保証について説明されていました。

そして、一番気になるコドミンです。

袋を開けると、ラムネの香りがフワッとします。
本当にラムネ菓子のニオイです。

大きくもなく小さくもないサイズ。
1袋に30個入っています。1日1個だとしたら、1袋で約1ヶ月分です。

小学生なら問題なくポリポリ食べられる大きさですね。

ちゃんと噛むことができる年齢なら、幼稚園の子でも大丈夫です。

私も一つ食べてみました。先に食べちゃいました。
固さも普通で、味は、ラムネ味。この味なら子どもはおやつ感覚で食べてくれそうです。

苦味は全くありませんし、おいしくないということもありません。
サプリメントじゃなくて、本当におやつですね。

コドミンの効果とは?みんなから選べられている理由!

落ち着きがない子、多動児と言われる子、いわゆるADHDといわれる子を持つママから選ばれているコドミン。

でも、どうしてそこまで圧倒的な支持を得ているのでしょうか?

人気の秘密を探ると、ホスファチジルセリン(PS)が配合されていることにありそうです。

ホスファチジルセリン(PS)という成分ご存知ですか?

簡単にいえば、落ち着きや集中力、衝動性の制御をサポートしてくれる成分です。
脳を活性化させる効果はあると話題になっており、テレビ番組「世界一受けたい授業」でも紹介されていました。

ADHDや多動児だけでなく、高齢者、うつなど多くの症状に使用されているサプリです。
サプリ大国のアメリカでは、ポピュラーなサプリとして普及しています。

注意欠陥・多動性障害への研究では、1日200mg接収すると、子どもにおいてADHDの症状の有意な改善が見られたとのことです。
(参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%81%E3%82%B8%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B

1日200mgですから、コドミンでいうと2粒になりますね。
たったの2粒で、有効とされる成分を簡単に摂取することができます。

聞いたことがないので不安に思うママもいるかもしれませんが、成分由来は大豆です。

ホスファチジルセリン(PS)が主に含まれている商品としては、大豆、肉類、鯖、うなぎ、もつなどに含有されています。

大豆でホスファチジルセリン(PS)を100mg摂取しようとするなら、大豆3kgを食べないといけません。

ハッキリ言ってムリですよね。現実的ではありません。

だからこそ、ホスファチジルセリン(PS)はサプリで摂取するのが一番なんです。

ただし、サプリメントですから効果を実感するには時間も必要になります。

ADHDを治す薬ではありませんから、当然です。

最低でも3ヶ月は、毎日マジメに摂取してみて様子を見てみましょう。

注意点としては、コドミンは大豆由来のホスファチジルセリンを使用していますから、大豆アレルギーがある場合は摂取してはいけません。

その場合は、コドミンは諦めて、大豆由来でないホスファチジルセリン(PS)を使用しているサプリを選んでください。

ホスファチジルセリン(PS)以外の成分も見てみましょう。

コドミンのパッケージの裏には全成分が表示されています。

還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、ホスファチジルセリン(大豆を含む)、結晶セルロース、酸味料、ステアリン酸カルシウム、香料、微粒二酸化ケイ素、ビタミンB1、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)

気になる成分があればチェックしてみてくださいね。
気になる成分があるならチェック!詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://mpj.jp/

 

コドミンが安心して子どもに与えられる理由

多動児やADHD、落ち着きがない子で、悩んでいるママなら、ホスファチジルセリン(PS)のことを知っているかもしれませんね。

ホスファチジルセリン(PS)のサプリを調べたママも多いのではないでしょうか?

サプリを調べると、ほとんどが海外製になっています。
日本では、まだまだポピュラーとはいえないのが現実です。

欧米は、日本よりもサプリ大国とはわかっていても、やはり海外製。

不安もありますよね。

本当に信頼できる製造会社なのか、日本にいてわかるはずがありません。

コドミンが、ママから選ばれているのは成分だけが理由ではありません。

安心の日本国内製造だからです。
それも、GMP認定をもつ国内工場生産となっています。

GMP認定工場って知っていますか?

GMPとは、サプリなどの原材料の仕入れから製造、そして出荷までの過程で、製品が安全に製造され
一定の品質が保持されるように決められた決まりになります。

工場の設備や、運用方法、管理、そして、製品の品質・衛生・製造管理を、細かくチェックしています。
決まりを遵守するだけでなく、監査と審査が入る公正な認証システムとなっています。

もちろん、コドミンを製造している工場もGMP認定工場です。

よくわからない海外製のサプリを摂取させるよりも安心できるのではないでしょうか。

子どもに食べさせるものですから、安全製は絶対に譲れない条件ですよね。

安全なものをと考えるのならば、購入する店鋪にもこだわってくださいね。

信頼できない販売店では購入しないこと。
楽天やAmazonでの、正規店でない店鋪はできるだけ選ばないことをおすすめします。

安心して購入できるのは、やはり公式サイトだと思います。

あなたも、子どもにコドミンを考えているのなら、一度お試し感覚で始めてみてくださいね。

信頼できる販売店を選んで!公式サイトの詳細はこちら
↓ ↓ ↓
https://mpj.jp/

コドミンは何歳から食べるの?年齢制限はある?

コドミンは何歳から飲ませてもいいのでしょうか?

コドミンはサプリメントです。
サプリメントは健康食品に分類されるので、医薬品ではありません。

ですから、基本的に何歳からと言う決まりはありません。

ただ、タブレットなので、あまり年齢が低いお子様は、喉を詰めてしまう可能性があります

できるだけ、歯も生えそろって食べ物をしっかりと噛めるようになってから始めることをおすすめします。
幼稚園に入る前ぐらいの年齢であれば、しっかりと咀嚼もできるようになっているころだと思います。

ただ、成長には個人差がありますので、あせらずに、子どもの様子をみながら、始める時期を決めて下さい。

コドミンを始める時期で多いのは、幼稚園に上がったとき、小学校に上がったときになります。

今までは、
「少し元気がいいのかな?」
と思っていたけれど、集団での自分の子どもの様子を見て、コドミンを始めるママやパパが多いようです。

年齢としては4~5歳から食べて始める子どもも多いですよ。

コドミンを飲ませる時に、注意しておきたいこともあります。
きちんと咀嚼出来る年齢でも、そばについて飲むまできちんと確認してあげてください。

万が一のこともありますので、幼稚園の年代のお子様にはそばについてあげると安心ですね。

また、コドミンを保管する際は、子どもの手の届かない所を選ぶようにしてください。
誤飲などの事故を防ぐためにも、必ず子どもの手が届かないところで保管するようにしてください。

コドミンは、飲ませ始める年齢は特に決まっていません。

また「何歳まで」という年齢制限もありません。
最近では、大人のADHDも注目されています。

そのため、大人がコドミンを食べていることもあるんですよ。

コドミンは何粒食べさせる?多く食べさせた方がいいの?

コドミンの公式サイトにもありますが、1日の摂取目安量は1~2粒とされています。

お薬ではなく、健康食品に分類されるサプリメントです。
ですので、飲む時間や量に特に決まりはありません。

多く食べても問題はないといえます。

ですが、主成分であるホスフェチジルセリンの1日の目安量は、100~300mgとされています。

コドミン1粒には、100mgのホスファチジルセリンが配合されています。
このことから考えても、1日1~2粒が目安量となります。

ただ、最初の1ヶ月程度は、1日3粒までなら大丈夫です。
その後は1~2粒としていきましょう。

ですが、少しでも早く症状を改善したいと思うのが親心です。

効果を期待するあまり、過剰摂取を考えてしまうかもしれません。

ですが、それは副作用を引き起こす可能性があるので、避けて下さい。

ホスファチジルセリンの副作用として考えられるのは、胃腸障害や睡眠障害などがあげられます。

ですが、これは1日500~600mgという過剰摂取による場合ですので、1日の摂取目安量を守っていれば問題ありません。

また、ホスファチジルセリンは、大豆などに含まれている成分でもあります。
大豆アレルギーを持っているのなら、絶対に飲ませないよう注意してください。

どうしてもホスファチジルセリンを摂取させたいというのなら、ヒマワリを原料にしていて、大豆不使用のホスファチジルセリンもあります。
原材料をよくみて判断してくださいね。

また、薬を服用中の方もいらっしゃると思います。
併用で副作用が起こる可能性のあるお薬もありますので、事前に医師に相談してから飲むようにしてください。

コドミンは、1日1~2粒が摂取目安量となっています。
最大でも3粒までにしておいてください。

効果を実感する為には、毎日きちんと継続して飲み続けることが大切です。

量ではありません。

子どもが食べ忘れることがないようサポートしてあげてくださいね。